半分電気の充電プリウス:トヨタは電気自動車に積極的?消極的?

toyota

テスラの参入もあり、日本でも盛り上がりが来そうな自動車業界。日本のトップメーカーといえば、言わずと知れたトヨタですが、電気自動車にはそんなに力を入れてきませんでした。完全なる電気自動車は導入してきていませんし、半分電気で走るのは、プリウスくらいですね。では、売れ筋のプリウス…どれくらいの性能なのでしょうか?

出典:http://toyota.jp/priusphv/

トヨタの電気自動車代表:プリウス

トヨタのプリウスとは

今回ご紹介するのは、プリウスの中でも充電ができるPHVのシリーズです。もともと、プリウスは低燃費で長距離走れる…というのが売りのクルマでしたね。

さらに、今回のプリウスは、家庭用の電源でも充電ができ、電気を使ってさらに低燃費!というものです。

※AKBを起用したCMで、恋するフォーチュンクッキーのメロディで「恋する充電プリウス」というものは記憶に新しいかと…。

充電プリウス(PHV)の走行距離

充電プリウスでは、満充電で26.4km走行することができます。ちなみに、アクアラインが約14kmなので…8割がたの距離であれば往復可能。目的地で充電ができれば、十分に電気自動車の走行だけで往復できる距離ですね。

充電プリウス、ガソリン走行時の燃費

さすがはプリウス、通常の燃費も優れています。カタログ値ですが、31.6km/Lという低燃費。実際はガソリン走行のほうが、ガソリン代と充電の電気代を比較した時にお得になる可能性もありますね…。

充電プリウス、ガソリンvs電気のどちらがオトク?

ガソリン代の単価と、電気代によっても変わってきますが… 大体の目安で作成してみました。以下の表のように、カタログ通りに行けるなら電気のほうが実は安くなりそう。とはいえ、電気だと最大時速が100km/hというところは要注意ですね。

走行距離 価格 100kmあたり価格
ガソリン(1l) 31.6km 140円 443円
電気(フル充電) 26.4km 83円 314円

プリウスの性能と価格

続けて、気になる価格です。ここでは、オプションを付けない最低価格で表示しています。

充電プリウスは2種類:GシリーズとSシリーズ

スペックと価格は以下の通り。基本性能はほぼ変わらず(Gにはフロントフォグランプが搭載)、有料オプションとして運転アシスト機能が付いたりするくらいですね。

お値段は税込みで300万円前後。Sシリーズでも十分な性能があるのではないでしょうか。

グレード ハイブリッドシステム 駆動 トランスミッション 乗車定員 税込み価格
G 1.8L+モーター 2WD 電気式無段変速機 5人乗り 3,210,429円
S 1.8L+モーター 2WD 電気式無段変速機 5人乗り 2,945,314円

充電プリウスの注意点:専用の充電台を用意

自宅で充電する場合には、当然ながらコンセントから電気をとってこなければいけません。そうなると、屋外駐車場や、マンションでも近辺にコンセントがない場合はちょっと厳しいですね。

もちろん、充電スポットもあるので急速充電も可能ですが、できれば自宅で電源がとれるとスマートです。

まとめ:充電プリウスは、ガソリン中心で考えると良いクルマ

いかがでしょうか?トヨタのプリウスは、あくまでもガソリンを中心に考えるのがベストかと思います。追加として、子どもが乗っているときなど、騒音の少ない電気走行を補助的に使うというのが一番便利な使い方ですね。

プリウスであれば、トヨタの全販売店で取扱いがありますので、ぜひお試しいただければと思います。