トヨタVOXY:家族にやさしいスポーティ

voxy

よりスポーティな印象になったヴォクシー。乗り降りしやすい低床設計で家族にも優しい車になりました。ペットの同乗にも優しく、多彩なシートアレンジはヴォクシーならではのこだわりではないでしょうか。そんなヴォクシーのレビューです。

参考:http://toyota.jp/voxy/

ヴォクシーのスペック

パワフルなミニバンです。

  • 型式:DBA-ZRR80G-BRXEP
  • 駆動方式:FF 4WD
  • トランスミッション:CVT
  • 動力:エンジン
  • 全長:4,695 mm
  • 全幅:1,695mm
  • 全高:1,825mm
  • 定員:7人と8人の2種類
  • 排気量:1,986㏄
  • 燃料:ガソリン
  • 燃費:14.6 km/L〜16.0 km/L

※ヴォクシーには、ハイブリッドモデルもあります。

ヴォクシーの見た目の印象

外見は「たくさん載りそうだな」というのが第一印象です。

前から見ても、後ろからも見ても迫力があります。特に前面のライト部分が旧型のヴォクシーより鋭く、スポーティな印象になったので迫力が増し、すれ違ったときに印象に残ります。

次に内装ですが、子供が乗り降りしやすい低床設計のようです。内部も広々しており、家族に優しい作りのようです。シートや運転席はブラックを基調とした比較的シンプルに飽きが来ない仕上がりです。

様々なシートアレンジにも対応しているので、シートを後ろに下げて着替えスペースに変身させたり、ペットを載せたりと自由自在です。

ヴォクシーには、ノーマルタイプのほかに「煌(きらめき)」というタイプもあり、そちらはメッキ加工がされているのでキラキラと反射して、よりかっこよさを演出しています。内装もノーマルタイプを基本に、各所にメッキ加工で飾っています。

ヴォクシーの特徴

ヴォクシーには、大きく分けて「煌」のようなかっこよさを求めたシリーズと、ハイブリッド車、そして通常の3タイプがあります。

ハイブリッド車ではありますが、カタログ燃費でリッター23キロです。同じトヨタのプリウスのように燃費が良いとは言えませんが、ミニバンならではの重量を考えると仕方のないことかも知れません。

ヴォクシーには安全機能として、夜間走行時にハイビームで走行可能と室内カメラが判断すると、ロービームからハイビームに自動で切り替え、先行車や街灯を検知するとハイビームからロービームに切り替えてくれる機能があります。

夜間走行時には歩行者の発見が遅れがちになりますので、この機能は嬉しい機能です。

安全機能として最新の車には装備されているブレーキアシストですが、ヴォクシーには装備されていないので万が一の事態には他の車種で見劣りがあります。

でも、ブレーキアシストというのは、本当に万が一の機能であって日常ではあまり使わない機能です。今まで通り気を緩めず運転していれば問題ないことだと思います。

 VOXYはこんなシーンで活躍する!

ヴォクシーはシートアレンジの豊富さと、乗り降りのしやすい低床設計が魅力の車なので、やはり家族全員でアウトドアに出かけるのも良いかと思います。

また、二列目シートをゆったりさせ、愛犬を「伏せ」の状態で載せることも可能です。

今まで、座席で「お座り」の状態で載せていたために、落ち着きがなく、狭い座面の上でうろうろした犬にとっても床で眠ったり、動きたくなったら二列目シートに載ってお座りしたりと、まるで我が家のように過ごせるかと思います。

ミニバンならではの広さも実現しているので、キャンピングカーとまではいかないにしても、車中泊はできそうです。

ヴォクシーはやんちゃ盛りの子供がいるファミリー層にも、子供が手を離れた夫婦にも、ペットを連れて出かけたい家族にも、どんな人にも使いやすい車の一つです。