トヨタ新型プリウス(第四世代)発表と、期待の走行性能

従来のデザインを一新したプリウス。よりスポーティなイメージに生まれ変わり12月の発売が楽しみです。今回の発表では肝心の性能部分は明言を避けたものの、世界最高のリッター40キロに迫るのではないかと噂が絶えません。

新型プリウスの噂と想像スペック

発表では、各種性能については明言を避けられています。
その中での、あくまでも想像における性能一覧です。

Eモデルでは燃費40km/Lを実現してくれる…という、期待ですね。

プリウス(2015年)予想スペック
型式 Eモデル Sモデル Aモデル Aプレミアム
駆動方式 FF FF FF FF
トランスミッション 電気式CVT 電気式CVT 電気式CVT 電気式CVT
動力 ハイブリッド ハイブリッド ハイブリッド ハイブリッド
全長: 4,540mm 4,540mm 4,540mm 4,540mm
全幅: 1,760mm 1,760mm 1,760mm 1,760mm
全高: 1,470mm 1,470mm 1,470mm 1,470mm
定員: 5人 5人 5人 5人
排気量: 1797cc 1797cc 1797cc 1797cc
燃料: ガソリン
燃費: 40km/L? 37km/L(4WD:30.4km/L) 37km/L(4WD:30.4km/L) 37km/L(4WD:30.4km/L)
価格 230万円〜 250万円〜 290万円〜 350万円〜

新型プリウスの外観:従来の卵形のデザインを一新。上部をなだらかにし、よりスポーティな印象に

プリウスのDNAを受け継いだデザインでありながら、モーターショーのモデルカーのような未来的なデザインです。

ヘッドライトは繋がりを持たせた稲妻のような形で、斬新さとスポーティな印象になっています。バックスタイルも魅力的でテールランプは縦長デザインで新しさを表現しています。

室内空間は広く、都会的な黒を基調にシルバーメッキを各所に施しています。メータ類は従来のプリウスと同様中央に設置。シフトノブも中央のナビの下に設置しています。

全体を通して、デザインは無駄がなくスッキリとうったりとしていながらも、今までにない新しい印象を全面に押し出しています。また乗っている人全員がゆったりと寛げる空間を生み出しています。

プリウスの特徴:熱効率向上で最高出力を向上?

今回の発表では燃費についての説明の明言は避けた格好ですが、プリウスより一回りボディサイズが小さい「アクア」はすでに37km/Lを達成しているので36km/Lでも数字としてインパクトに欠けます。よって「プリウスは40km/Lを達成するのでは?」との噂が広がっています。

また、電力の損失が少なく、小型化できる特徴のSiC半導体をトヨタが開発していて、これを新型プリウスに搭載するのではないか?ともいわれています。この半導体を使ってパワーコントロール・ユニットを作ると従来の5分の1サイズまで小型化でき、10%低燃費化できるとしています。このユニットをプリウスに搭載しているとの発表はありませんが、おそらく搭載し、世界最高燃費のリッター40キロを達成した超低燃費の車が発売されるのではないでしょうか。

さらに今度のプリウスから4WDが発売されることも大きな特徴です。今までプリウスを含むハイブリッド車は4WDの選択がなく、山岳地域や寒冷地に住んでいると雪道や山道

では力不足を心配してハイブリッド車を選べないことが多く、ある程度の燃費は諦めていた箇所もあったのではないでしょうか。そういった地域の方には低燃費なハイブリッド車を選べるようになったことは朗報です。

4代目プリウスへの期待感

3代目プリウスより未来的に、どの車よりも先進的な4代目プリウスは12月の発売が楽しみです。

3代目のプリウスの発売時、一番下のモデルを2代目モデルより30万円安くした結果納車までに半年かかるという大ヒットを巻き起こしました。

4代目プリウスでそのようなことが起きるかどうか分かりませんが、現時点では明らかにされていない燃費性能や細かい性能部分が明らかとなる12月の発売時には大きなニュースになることは間違いありません。今のプリウスよりもスポーティで未来的なデザインですので、街を走ると目立つこと間違いありません。また重心も低くなったことでより安定した走りを実現できたので、高速走行もグイグイと走ってくれそうです。

また、室内空間も従来よりも広くなったため、贅沢な空間が生まれゆったりと寛げ、快適なドライブになるでしょう。

4WD車も選択の一つとして選べるようになったので、スキー場などに行く際には雪が降り積もった急こう配の山道でもFFのようにタイヤが滑ることなく、グイグイと上ってくれるのでどんなところへも普段通りの走りで行けるのではないでしょうか。