悪路を悪路としないランドクルーザー:プラド(トヨタ)

prado

ランドクルーザープラドは悪路を悪路としない正統派のSUVです。
路面状況に合わせた走りを瞬時に作りだし、ドライバーのワクワク感も最高潮に。シンプルなのに高級感のあるインテリアで寛ぎのある空間を演出したプラドのレビューです。
参考:http://toyota.jp/landcruiserprado/style/

プラドの見た目:カクカクとしたデザインがダイナミックさを演出

プラドは大自然にも溶け込む正統派のSUVです。

近年のSUVは流線型をふんだんに使った都会的なスマートなデザインが主流の中、プラドは伝統的に四角いデザインが受け継がれています。大きなグリルと前に出っ張ったボンネットの形状は、街の中を颯爽と走る姿より土煙をあげて悪路を走る方がよく似合います。

室内は外見とは打って変わり寛ぎを与えるような落ち着いたインテリアです。シートは最上の乗り心地を味わえるよう、後席の足元にゆとりを与え、リクライニング機能は各シートで独立した操作ができます。また、シートアレンジも多彩で5人乗りのリヤシートにはリクライニング機構に加え、ダブルフォールディング機構を採用。リヤシート座面を跳ね上げ、背もたれを前に倒すことで、広大かつフラットなラゲージルームを簡単につくり出せます。

プラドの特徴:どんな悪路もプラドにかかれば普通の道に

路面状況に合わせた走りを瞬時に実現できます。
プラドはオフロードを走るために誕生したSUVですので、悪路でその特徴が一番発揮できます。

オフロードではダート路やがれき路などの悪路が行く手を阻みますが、プラドの「マルチテレインセレクト」で走りたい路面状況を選ぶだけでその路面に合わせて、エンジンスロットル特性、アクティブトラクションコントロールのブレーキ油圧を最適に制御。走破性を確保し、本格4WDならではの悪路を征する歓びと安全性を高レベルで実現します。

このマルチテレインセレクトは直感的に操作できるよう、センターコンソール下部に集約しており、スイッチ一つで選ぶことができます。
また、オフロードだけではなく、オンロードの細かい振動はアキュムレーターを最適に制御し、吸収してくれます。

プラドは悪路をワクワク感に変える

走行シーンにとらわれることなく、どんな道でも安全性に優れた走行を楽しめるのがプラドです。道を選ばず、どこへでも行けるので、今まで諦めていた川の上流でキャンプやバーベキューに行くのも楽しいかも知れません。
腕一本で走ってみたい、そんな人におすすめです。

一般的な乗用車で上流の河原へ行く際は、デコボコ道の走行中、座席で子供たちがバウンドしたり、ぬかるみへの不安が募ります。プラドであれば、マルチテレインセレクトによって快適にワクワク感を楽しみながら向かうことができるのです。シートアレンジも多彩なので、大きな荷物を積むことも可能です。
オンロードでの石畳のような細かい振動も吸収してくれるので、毎日の日常使いにも楽しめる車です。
また角ばったデザインのため、前方の位置が見えやすく大きな車の割には運転しやすい車です。運転が苦手な方が運転するのも難しくなさそうです。

関連記事