繊細かつ大胆なフォルム:次世代のスーパーカーBMW i8

i8

一枚の素材から掘り出したような繊細かつ大胆なフォルムは圧倒的な速さを表現したかのよう。モーターとエンジンを併用し、航続距離を驚異の500kmを実現。最高速度は250kmと「次世代のスーパーカー」として誕生したBMW i8のレビューです。
参考:http://www.bmw.co.jp/jp/ja/newvehicles/i/i8/2014/showroom/

 BMW i8の見た目:絶対速いでしょ?!圧倒的なスポーツカー

BMW i8の見た目は圧巻。すれ違ったら「絶対速いでしょ?!」と誰しもが思う圧倒的なスポーツカーです。

i8は重心が低く、ボディはカーボンとアルミを合わせた素材を使用しています。そのため、非常に軽いことが分かります。
とにかくカッコいいデザインで、「未来を感じさせる」「SF映画の世界から飛び出して来た」といった印象を持ちます。

そんなi8は、街中ではいい意味で浮くので、注目の的になることは必至。インテリアは、それだけで未来を感じさせるガルウィングドアを採用。一応4人乗りではあるものの、リアシートはかなり狭く、子供専用といったところです。

BMW i8の性能表

性能も価格も圧巻です。

BMW i8
グレード名 i8
駆動方式 4WD
トランスミッション 6AT
動力 エンジン
全長: 4,690mm
全幅: 1,940mm
全高: 1,300mm
定員: 4人
排気量: 1498cc
燃料: ハイオク
燃費(航続距離) 500km
価格 1,917万円

BMW i8の特徴:速さと燃費の良さはまさに次世代のスポーツカー

BMW i8は電気モーターとエンジンを併用しています。それにより生まれる速さと燃費の良さはまさに次世代のスポーツカーです。
見た目もさることながら、その中身も未来的な仕上がりです。ハイブリッドカーであるi8は一度の充電と燃料をそれぞれ満タンにすると航続距離は最大で500kmになるそうです。燃費計算するとリッター40キロなので、最新のプリウス並みになります。
リアに積まれたエンジンで後輪を、電気モーターで前輪を駆動する方式のi8は、アルミとカーボンを組み合わせた設計により車重を1.5トン以下に抑えています。そのため街中をEVモードで走らせているときの静けさ、力強さに加えて軽さと高い剛性感が洗練された走行感覚を味わわせてくれます。
SPORTモードに入れると、5秒で100kmに到達するスピードに。そして最高速度は250km。こんな速度を出せる場所が日本に存在しないとは思いますが、乗っていて楽しい車であることは言えます。

エコロジーでファッション性が高いBMW i8は持っているだけでカッコいい

BMW i8の最大の魅力のひとつは、ハイブリッド車で航続距離500kmという燃費の良さ。
そしてさらに高いファッション性を兼ね備えています。
BMWらしく速さも追求しているのですが、実際運転した方は速い車を運転している感覚が薄いとおっしゃる方もアクセル操作といます。それでも5秒で100kmに到達するスタートや最高速度が250kmという点は一般的に考えるエコカーの域を超えていると思います。
BMW i8はそれらの特徴から、オーナー自身の内から湧き出る「個性」を表現するには、これ以上ない説得力を生み出せる車だと思います。

関連記事