新型プリウス:気になる燃費はリッター40km

prius

12月に発売され、納車までに4か月待ちという人気のプリウス。気になる燃費はリッター40kmです。先日店頭発表され、話題を集めました。見た目には精悍で、未来を感じさせるデザインは街の中でも映える姿です。ハイブリッドには珍しい4WDが登場しました。

参考:http://toyota.jp/prius/

新型プリウスの見た目:ボディラインに沿ったようなデザインのヘッドライトとテールランプが見た目にも新しい

新型プリウスの存在感:サイズ編

サイズ的に全長で40mm長く(4540mm)、全幅も15mm拡大(1760mm)されており、ひと回りほど大きくなりました。それにより、存在感が確実にアップしています。また、全高は20mm低まっていることから低重心を実現し、安全性を増すことに成功しました。さらに前席からワイパーが見えないように設計されていて、解放感と視界の良好さが生まれました。

新型プリウスの存在感:室内編

ラゲッジスペースも3代目プリウスの荷室フロア高は690mmだったのに対し、新型プリウス(PRIUS)は680mmと10mm程フロアの位置が低くなったため、荷物の上げ下ろしが楽になりました。奥行きは旧型に比べ10mmほど長くなったので少し広くなった印象です。さらに重心の低い車では載せている荷物が覗かれてしまう心配がありますが、Aグレード以上になるとトノカバーが装備され、荷物の目隠しができるようになりました。使わないときは床下に収納が可能です。

新型プリウスの性能表

共通の性能表(新型プリウス)

共通
トランスミッション CVT
動力 ハイブリッド
全長: 4,540mm
全幅: 1,760mm
全高: 1,470mm
定員: 5人
排気量: 1,797cc
燃料: ガソリン

FFでの性能表(新型プリウス)

グレード名 E S Sツーリングセレクション A Aツーリングセレクション Aプレミアム Aプレミアムツーリングセレクション
型式 DAA-ZVW51-AHXBB DAA-ZVW50-AHXEB DAA-ZVW50-AHXEB(T) DAA-ZVW51-AHXGB DAA-ZVW51-AHXGB(T) DAA-ZVW51-AHXHB DAA-ZVW51-AHXHB(T)
燃費 40.8km/L 37.2km/L 37.2km/L 37.2km/L 37.2km/L
価格 242万円 247万円 262万円 277万円 292万円 310万円 319万円

4WDでの性能表(新型プリウス)

グレード名 S4WD A4WD Aツーリングセレクション4WD Aプレミアム4WD Aプレミアムツーリングセレクション4WD
型式 DAA-ZVW55-AHXEB DAA-ZVW55-AHXGB DAA-ZVW55-AHXGB(T) DAA-ZVW55-AHXHB DAA-ZVW55-AHXHB(T)
燃費 34.0km/L 34.0km/L 34.0km/L 34.0km/L
価格 267万円 297万円 312万円 330万円 339万円

新型プリウスの特徴:グレードや仕様によって2種類の電池を使い分け

一番燃費の良いグレードの:新型プリウスE

新型プリウスのEグレードは、なんとリッター40kmの低燃費。
この燃費を実現するのはリチウムイオン電池です。最上級クラスのAは二輪駆動仕様にリチウムイオンを、四輪駆動仕様にはニッケル水素を、それぞれ搭載しています。ちなみにEグレードは二輪駆動のみで、Sグレードは二駆、四駆ともニッケル水素となっています。どちらも基本的な性能や価格はほぼ同じですが、リチウムイオンとニッケル水素は質量に差があり、E以外のグレードは同じ37.2km/リットルという燃費を提供したいというのがもともとの考え方で、グレードが上がると燃費が落ちるというのは感じさせたくないというのがあって、使い分けることにしたそうです。

新型プリウスの電池の種類

最上級のAグレードは燃費が出にくいのでリチウムを採用して、一般的なSグレードはニッケル水素にしています。さらに4駆にはニッケル水素を使用することで電池の性格を利用し、それぞれの得意なところで、得意な制御をしながら使い分けをしているのが特徴です。

新型プリウスの活躍シーン:今まで敬遠しがちだった豪雪地帯や山間部で安心できる走行性能

4WDの新型プリウス

プリウスのようなハイブリッドカーを求めている方の中では、居住地域が豪雪地帯や山間部の場合、2駆だからという理由で敬遠されがちでした。

今回、初めてハイブリッドカーで4WDが登場したことによって、このような方にもスポットが当たりました。そして今までのハイブリッドカーと同じく、4WDになってもほぼ従来通りの燃費の良さを実現しています。

新型プリウス、走行の安定感

また、重心を2㎝低くしたことによって、走行に安定感が増したので、多少乱暴な走りをしても機敏な反応を見せてくれます。エアロキットを多数用意しており、躍動感や先進性や上質感を与えるものなど、ユーザーの好みや用途に合わせた多彩なカスタマイズアイテムが揃っているので新型プリウスの特徴をより一層主張することができそうです。

関連記事