BMWM6グランクーペ:高級感を追求したMシリーズ

bmw

http://www.bmw.co.jp/jp/ja/newvehicles/mseries/m6grancoupe/2015/showroom/index.html

M6グランクーペは美しいスタイリングのスーパーカーでありながら、実用性も高い、贅沢な一台。そのスタイリングから想像できない加速感は他のスポーツカーとは似て非なるもの。乗員全員が快適に過ごせる、そんなM6グランクーペのレビューです。

M6の見た目:美しいスタイリングと、「M6」のエンブレム。

M6グランクーペは「クーペ」という言葉が入っていることからも分かるように、低いルーフとクーペのような美しいルーフラインが持ち味。クーペでありながら、5ドアなので広い後席や実用的なラゲッジスペースも備えています。M6グランクーペはクーペとセダンのいいとこ取りをしたデザインです。
このクルマ独自の個性を強調するのが、バーの前面をクローム仕上げにした BMW M6 グラン クーペ専用キドニー・グリルと、そこに誇らしげに備わる「M6」のエンブレム。さらに大型エアーインテークや、視覚的にも強烈な印象を与える軽量なカーボン・ファイバー製ルーフなどがあります。
基本的にはドライバーを中心に考えられたデザインで、センターコンソールはドライバー側にわずかに傾けられています。ドライバーをサポートするための情報が10.2インチのワイド・コントロール・ディスプレイに表示されます。さらにフルカラーBMWヘッドアップ・ディスプレイには、走行中のスピードやナビゲーション・システムによるルート案内など、視界内に直接映し出します。リアのコンソールではそれぞれに温度調整機能が備えてあるので乗り込んだ人全員が快適に過ごせるような工夫がされています。

M6グランクーペの特徴

M6グランクーペは、速さを追求したスポーツカーではなく、そこにラグジュアリー感が演出された一台です。動力性能で見ると、スタートから時速100kmに到達するのにわずか4秒です。しかし、この到達する間はスーッと加速する感覚で窓から見える景色で初めてその速さが分かるようです。
エンジンの回転も加速は5000回転を超えても衰えることなく、7000回転という高回転まで上昇しても、息をつかせずにシフトアップするのです。
また、環境性能では7速時速100kmではわずか1500回転。6速では2000回転という低回転。標準装備でアイドリングストップがついているのもにくい演出です。
M6グランクーペの最大の特徴はそのオプションの多彩さです。例えば、Mカーボンセラミックブレーキシステムを搭載することで、普通のブレーキの半分の距離で減速停止できます。
また、ハンドリングや乗り心地の面では、電子制御サスペンションのコントロール、Mディファレンシャル ドライビングパフォーマンスコントロールで走行条件を合うモードにすれば乗り心地が格段に向上します。

BMW M6グランクーペの性能表

BMW M6グランクーペ
グレード名 ベースグレード
型式 ABA-6C44M
駆動方式 FR
トランスミッション 7速M DCT
動力 エンジン
全長: 5,015mm
全幅: 1,900mm
全高: 1,395mm
定員: 5人
排気量: 4,394cc
燃料: ハイオク
燃費(航続距離) 500km
価格 1802万円

M6グランクーペの活躍するシーン

M6グランクーペはMシリーズでは高級車のスタイルを全面に押し出した一台です。加速やコーナリングでドライビングテクニックを楽しむより、プライベートタイム用として贅沢に使いたいものです。値段が1000万を超えるので、この車をプライベートタイム用として実用的に贅沢な使い方をできる方はほんの一握りかと思われますが・・・。
しかし、大人4人で長距離走行でき、実用性が高く、スタイリングも美しく、どこを切り取っても非の打ち所がないほど完成度の高い車ですので、一度でいいから乗ってみたいものです。

関連記事