レヴォーグ:革新的なステーションワゴン

levorg

走りの楽しみと居住性、実用性を兼ね備えたレヴォーグ。今となっては希少なステーションワゴンというカテゴリの中でも、設計も新しく安全性や安定した走りも実現しています。
どんな世代が乗っても似合うレヴォーグのレビューです。

レヴォーグの見た目:スポーツカーとワゴンの融合

レヴォーグは4代目インプレッサをベースに日本市場向けに開発されましたが、その後アメリカでも人気の「レガシィ」の受注を中止し、セダンモデルのB4とクロスオーバーモデルの「アウトバック」の2タイプの設定で新モデルが開発されたため、レヴォーグは5代目レガシィツーリングワゴンの後継車の位置づけとなりました。
見た目はレガシィツーリングワゴンやインプレッサWRXによく似ていますが、車種が違うだけあって少しずつ内容も変わっています。前面のヘキサゴングリルやコの字のヘッドランプなどが異なる点です。
居住性ですが、内装の仕上げは丁寧で後席も比較的ゆったりと座ることができますが、5代目レガシィツーリングワゴンに比べると、着座位置が低めで腰が落ち込みます。代替えするときは注意が必要ですが、初めて乗る分には違和感はありません。運転席はスバルらしく機能的なデザインに仕上がっており、運転手の目線に立った作りです。

レヴォーグの特徴

レヴォーグの特徴としてまず挙げられるのはスポーティなワゴンとして、新しく設計されたたため見た目に古臭さを感じることがない点です。
現在、ステーションワゴンは日本車では少数派のクラスなので、設計の古い車種も用意されています。車種の数が大幅に減った中、古さを感じさせないのはレヴォーグ、アテンザワゴン、カローラフィールダーの3車種のみで、トヨタのアベンシスはイギリスの工場で生産される輸入車ですが、走りと安全装備に古さを感じますし、日産のウイングロードはボディがコンパクトな割に後席と荷室に広さがありますが、走行安全性と乗り心地に古さを感じます。
レヴォーグはそんな中でも走りと質感を高めたワゴンの本流を汲んだ貴重なミドルサイズのワゴンで、1600ccでもターボを効率よく使うことで2500ccのノーマルエンジンに匹敵するパワーを持っています。そのため走りも力強く、急な峠やコーナーも機敏に反応します。
アイサイトバージョン3も見逃せない点で、今まではモノクロだった処理もバージョン3ではカラー処理化され前走車のブレーキランプも認識できるほどです。

こんなシーンに活躍する!

ステーションワゴンのカテゴリでは最も優れているといってもいいのがレヴォーグです。
かつてのレガシィツーリングワゴンに似たデザインや丁寧に作られた内装は中高年の方にも似合いますし、全車にターボが搭載されており加速力にも余裕があるため運転を楽しむ若い男性の方にもおすすめです。
アイサイトも最新のバージョン3を搭載し、ボディ剛性を高めたことで走行安定性安全性にも優れたワゴンです。
たくさんの荷物を運ぶなら、背の高いミニバンやコンパクトカーの方が優れているかも知れませんが、セダンに比べるとレヴォーグは荷室が使いやすく運転の楽しさと実用性を兼ね備えたアクティブな一台と言えます。

関連記事